宝塚とサンリオ大好き女子によるブログ。

宝塚を含め舞台を観るため働き時間を費やしています。

真彩希帆にみる舞台人と人間と

こんばんは🌠

今日は雪組トップ娘役の真彩希帆さんについてお話ししようかと。


彼女を一個人として認識したのはスカステで流れていた雪の華を歌われてた時。

すごい綺麗な歌声だなあとヒトミミで好きになりました。

ですが、舞台を見て、なんか好きだけど苦手意識が芽生えてしまったのでその理由を分析していこうと思います。


・ダンス歌芝居、三拍子揃った娘役!だけれども…・

そうなんです。

きほちゃんはなにをとっても不得意感が出ないのです。

歌はもちろんのこと、芝居も過去作品を見ると経験値ゆえの歪感はありますが普通にうまい。前娘1の咲妃みゆさんのような自分が主人公になる憑依型ではなく「演じる」のがうまいという芝居のうまさではありますが。

ダンスも歌がフューチャーされすぎてあまり目がいかない事が多いですが、娘役としてとても綺麗に踊られてる印象です。


・だがしかし、ふと感じる違和感・

どなたか一度でも思った事ありますでしょうか?

例えるならば、重箱にこ綺麗にみっちりお米が敷き詰められてるような、彼女に手作り料理を求めたら超短時間でプロ級にうまいフルコースがさらっと出てきてしまったような、できすぎるが故の違和感。

舞台を見ていて苦痛を感じることは全くないですし、華やかさはもう少しあってもいいと思いますが十二分に美しいしスキルもある。

この違和感の正体はなんだろうか。


・正体は、、、闇がない!・

そう、闇がないんです。

こうもりや鈴蘭を見て思ったのですが、人間の暗い部分が一切伝わらないのです。

我が推しも今月のグラフで言ってましたが底抜けに明るいのです。

人間誰しも暗い気持ちになるときあるじゃないですか。

水溜りを踏んだとか、テストでミスしたとか、色々。

そこら辺が舞台外の姿を見ても、舞台上でも全くもって分からない。

嫌な事案全部回避してきました!私明るく健やかに育ちました!真彩希帆です!頑張ります!

みたいなことを目を輝かせて話す姿が目に浮かぶ。


新公のマダムヴォルフはそういう一面を破る意味もあったのでしょうが、なんか演技力と歌唱力で本来の意図に近づけなかった感じが。勿論良いマダムヴォルフでしたが。


私のいう「闇」というのは、人間らしさです。

人間誰しも楽しいこともあれば苦しいこと悲しいこともあります。

そこが、なんか違和感の原因だと思うのです。

「役」の中で悲しみ苦しむ事はあっても、「役を演じてる真彩希帆」の中に悲しみ苦しみが見えないのです。


もしかしたら舞台人としてはそれが良いとされる方も居られるかもしれません。

でも、私はちょっとスキルが劣ってても構わないので、人間味のある人間が好きです。


多分彼女は何見ても底抜けに明るくて輝いていて何もかも及第点以上なんなら優秀な方なので、きっと今後いくら経っても闇の部分を見る事は無いのでしょう。


私は人間は多種多様な人がいるから生息し続けられるという考えの持ち主なので、否定はしませんし、この記事はただ単に違和感を分析しただけなのでクレームは受け付けません。


彼女の歌が上手くいかず苦しい所や芝居に普段の自分が混じる隙やダンスの見苦しさがないのが不思議で仕方ありません。













雪組ファントムを見て思う

先日、ご縁があり雪組のファントムを観る機会があったので観てきました!

簡単にですが感想を書きます。

ちなみに雪組を劇場で観るのはどうやら初めてらしいです私…!


☆ストーリー☆

ネタバレ?というほど新しくはないですが、予め情報を頭に入れ色々な方のブログを読んでから観劇に行きました。

なんか、何を見せたいのかが演者任せな気がしてしまい、ストーリにあまり魅力を感じれなかったです。

私が幼い、感情が発達してないエリックを受け入れられていないだけといえばそれまでなのですが。

街で歌うクリスティーヌがオペラ座で歌のレッスンを受けさせてもらえる→わかる

と思いきや新支配人が就任→?

歌ったら地下にしかいないはずのエリックに突然目をつけられる→?

などなんか釈然としない気持ちでした。


☆出演者☆

望海さん真彩さん共に歌が上手いのは存じてますが、他の人にあまり見せ場がなくちょっと残念でした。暫定4番手の永久輝さんの扱い始めスターシステムに重きをおく宝塚で上演するには???な作品の為か、ただ比較対象がないからか宝塚史に名を刻む作品と言うのが理解できませんでした。ふつうに観て満足できる作品ではあると思いますが。

また、柚香さんを常日頃観ている私からしたら望海さんをはじめダンスが物足りないと感じてしまいました。

もちろん観ていて苦痛にならない舞台のスキル面でのクオリティは大切だと思うのですが、スキルを求めるなら宝塚で無くても良いのでは?と思ってしまいます。

もちろん宝塚には5組もあるので歌に特化してる組や舞台の出来を重視した組もあって良いと思いますが、私が求める「宝塚」ではないと思うのできっと今後私はその組を観ることはないでしょう。


☆舞台について☆

今回映像を効果的に利用したという事が大々的に取り上げられていましたが、映像の効果とでもありました!

だけれどもその反面、庭のシーンなど小道具感満載の時にミュージカルではなくお芝居感が醸し出されるのが残念でした。

東宝や四季では安っぽい舞台装置や舞台転換がないので、演者の歌唱力があるがゆえ余計に残念に感じます。

勿論刷新したところやこだわりの点はとても良いのですが、どうしてもアラが目立ってしまい現実に引き戻されました。


全体をまとめて言うと、これは宝塚で上演する必要はあるの?です。

勿論何を宝塚に求めるかは宝塚ファンの数だけありますが、東宝で出来そうな歌唱力や表現力、勿論持ってるならばそれはそれで構いませんが、宝塚でしか出来ないドリーミーな舞台を求めてる私からしたらとても残念でした。本当に。

勿論宝塚なので東宝にもなりきれず、かといって宝塚の特性を前面に押し出す作品ではなく。

海外ミュージカルは好きですが、ふとしたところに宝塚であるがゆえに生じてしまう綻びを見つけやすいので宝塚にはやはり向かないなあと思いました。


個人的には真彩さんにはオペラ座の怪人のクリスティーヌを演じていただきたいです。もしくはDSとかで歌ってほしいと密かに願うのです。



イチ客の感想はもとより、2ヶ月以上ほぼ毎日あれだけの負荷のかかる作品を上演しきってくれた雪組に感服です。







宝塚〜全ツと花組そして柚香光〜

ゆるーく書いてるブログなので気に食わない方はスルーでどうぞ。


今回は宝塚

加えて全ツと花組そして柚香光さんについてお話ししようかなあと思います

構成の都合上バラバラに書いてますがご了承ください。


ブログまあまあ書こうと思うんですよ観劇のたびに。

でもなかなか書ききれないことが多くかなり間が空きましたね^^;


ちなみに全ツ

私は初日公演を見ました。

柚香さんを贔屓にしてる私からしたら号泣なんですが、世間では色々な反応があるようです。

彼氏を同伴して観劇したのですが、そちらの感想もまた然り。


まあそれは置いておいて、全国ツアーをするという事は2番手ひいては次期トップがかなり近づいてるということ。

その実力や集客力が試されるということ。

もちろん演目次第ではあるので、私から見て2番手さんがやる公演は比較的人気のものを持って来てるかと思います。


【柚香光さんについて】

今回の公演を振り返り…

集客力は、かなりあったのではないでしょうか?

回るところも日本の真ん中らへんで、比較的宝塚ファンのみなさんが行きやすいところに

集中していた印象を受けました。

勿論最近は2020年に向けてなのか会場の修繕が相次いでいますので、取れたら取れなかったり、前回とは違うところを…など考えた上でしょうけれど。

前売りチケットはほとんどの地域で完売しており、お譲りもほぼ出ていない状態でした。

という事は、集客力(人気)はまずまず。


で、問題の実力…

本当に三年以上前から応援し関東でやるものははいからさん以外観劇してきた私が贔屓目に見て、成長を感じたなあとは思います。

でもそれは上記の私が見た「柚香光」

そしてあくまで「上手くなった」ではなく「成長を感じた」


歌唱は、もし最近宝塚を知った方が見ていたら、カフェブレイクというローカルチャンネルでやってる宝塚の番組(スカイステージとは別)で放送されたME&MY girlの歌唱シーンなどご覧ください。

そこから考えると驚くべきほど上達!

勿論年月の割に、、感や普通に下級生の平均値より下とか色々思うところはありますが。

まだセンターに立てる歌唱力ではないよなあとかも思いますが。


ダンスは、うーん、すごく好きだしセンター向きの踊りをすると思うのですが、伝統を感じる正統派や面白いタイプの踊りなど、表現の幅沢山あるのになんでそんなに色っぽく踊りたがるのか不思議で仕方ないです。

その辺は我らが明日海りお様が上手なので在団中に沢山習得してほしいものです。


演技は、どうしても一本調子になりがちですよね。

ミーマイでのパーチェスターを見て私はなんで芝居心があるのだろう!ととても楽しかったのですが、最近のあかねさすや天草とあんまり感情の幅に差がないように見受けられます。

勿論良いシーンも沢山ありますし合ってるなあとも思うんですが、観客からしたら芝居は哀愁漂わせショーでは色っぽくが続くなあと思ってしまうのです。


まあ総合的にいうと100点中だったら68点くらいですかね。

ちなみに前回の全ツ仮面のロマネスクの主演明日海さんが89点くらいかなあ。


超課題の歌唱力は勿論ですが、それ以外も日々磨いて欲しい限りです。

でもご飯が好きだし睡眠が好きなのも私すごくわかるので、本人の潜在能力がググッと目覚めることを祈るしかできる事は無いのでしょうね。


花組について】

宝塚は5組に約80人ずつ分かれて公演を行っています。

で、各組には特色があり、花組は宝塚の伝統を重んじる宝塚の先頭を切るようなTHE宝塚らしい組

的な感じらしいです。解る。

今はトップの明日海さんはじめかなり豪華な布陣になってます。

歌ウマの仙名彩世さんを嫁に取り、

花組の色合いを濃く吸収する男役娘役が数多と。

人気と実力を兼ね備えた中堅チームに若さと花組の誇りを持った未来有望な若手。

実力もヴィジュアルも大劇場公演は文句言うとこなし!

なんですが…

前述の通り2番手を務める人が全国ツアーをするという事はまもなく選手交代が。

個人的には明日海さんしろきみちゃん3作→柚香さんしろきみちゃん1作→柚香さん舞空瞳さん…

のような形を期待してます。

今回全ツヒロインだった舞空さん。

私すごく好きでお嫁さんに是非欲しいと思うのですが、経験値不足がやはり感じられるので、もう少し表に立つ経験を増やしていただきたいなあと思いました。

ヒロイン力や実力は十分なのですが、娘役力がまだもう少し兼ね備えられると思うのです。

今後が怖いですね。ほんと。


【全国ツアーについて】

まず各組の一年の例(大雑把に)あげますね

1月稽古期間 2月大劇場公演 3月東京公演

4月後半稽古期間 5.6月外箱公演

7月稽古期間 8月大劇場公演 9.10月東京公演

10月稽古期間 11月外箱公演

12月稽古期間

のように基本的には大劇場公演×2と外箱公演×2をこなす形になります。

ほんと大変ですよね。頭が上がりません。


で、いまは外箱期間なのです。

通常は

・かなり大きい箱(博多座など)+バウ公演(ミニホール)

・中くらいの箱×2(梅芸ドラマシティ.神奈川芸術劇場.青年館ホール等)+バウ公演

・全国ツアー+バウ公演

等ある程度人数分けをして良き感じに分担しているのですが、、、

今回は

割と大きめの中箱(舞浜アンフィシアター)

+全国ツアー

+中箱(ドラマシティ&KAAT)

+ディナーショー(轟さん)(4〜5人)

なので人数と予算が限られてるのです。


ディナーショーはともかく、主演3人の中では柚香光さんが一番若いのです。

それが原因かは知りませんが、すごーく予算がなかったように思われます。

再演もの×2ですよ。舞台装置もそのまま、衣装もそのまま。

低コストにもほどがある…

そりゃ空間埋めれませんわ。

全国どこにでも合うように簡単にしてるのも解るけれど、ちょっとひどすぎやしませんか?って。

それに歌える中堅はみんな舞浜かDSへ。

演技の出来る人は東上公演を。

てことは、まだまだ成長途中の若手しかいないのですよ全国ツアーには。

勿論研〜3はある程度均等に分断されてると思うのですが、研4以降に偏りがありすぎやしませんか?

全国にこれが宝塚とお見せしなければならないのに、、

ちと全ツに厳しすぎませんか?


ちょっと一時間以上書いてたので、また機会があったら更新します。


七海ひろきさんの退団についても書かねばいけないし困ったもんだ












今の宝塚に思う事

とってもお久しぶりです。

わりかし大劇作品はここのところ観れてるのでは?と思うわたくしめです。


ちょっと各組見て思う事あるので書き残しとこうと思います。


🌸花組🌸

我が贔屓のいる素敵な組です。

ポーの一族、素敵すぎますね。

みりりん筆頭に一番の贔屓である柚香さんも着々とトーク力含めスキルアップしていますし。

芹香斗亜さんが異動になったのは非常に残念ですがWSSを見てる限り良い異動なのでは?と思います。

花組の組としての魅力は、群舞の揃い方と男役としての美学が一番色濃く伝承されてる所。良くも悪くも昔からの宝塚を受け継ぎ、それに劇作家さんが作ってくださる流行りのミュージカルやショーが加わり、一番最強だと思います。

男役も娘役もたーくさん麗しい方々で溢れかえっています。

男3が気になるとこですが、上級生も下級生も全力で取り組む姿勢が見受けられるので次の作品に期待ですね。あかねさす~も楽しみにしてます!


🌙月組🌙

月組さんは良い作品上演してるなあと思いつつも中々足を運ぶ機会に恵まれず、カフェブレやツイッターの友人のレポが頼りです。

が、珠城さんの誠実さ真面目さがいま一番の売りなのですかね?

ちゃぴちゃんも月組をサポートしてダンス歌唱の底上げに貢献していますし、もう少しトークが上手いと完璧なのになあって思わなくもないですが、そこはトップコンビで補い合いつつですね。

そして、最近好きになった月城かなとさん。

ご移動され、AFOでは大活躍ベルナルドさん。顔立ちが好きです。ぜひトップになってほしい。あと晴音アキさんも好きですこの方組長路線な気がしてとても嬉しいです。

ちなみにみやるりさんは、アルトワ伯以来あんまり好印象じゃないです。

組としての感じは、作品への向き合い方が本当に真剣な組だなあと思います。

群舞とか燕尾大階段とかっていうよりは本当に真剣に向き合ったことが少しずつ成果出てくる、というトップさんと共に成長してる組だなあという印象を抱いてます。


⭐︎星組⭐︎

まず、七海ひろきさん好きです。

でもこれだけは言わせてほしい。群舞汚すぎる!スカピン酷かった本当に…花組さいこー!って感じでした。ただのミュージカル集団じゃないのですよ、「宝塚」なのです。濃いメイクにラインダンスに揃った燕尾での群舞。それができなくてどうしましょうよ。

紅さんは個性を出してと組子に仰ってる故か組みとしてはそれぞれカラーを持ってる生徒さんが増えてきて、芝居ではとてもそれぞれ存在感が増して素敵になったなあと思います。

先日観たベルリンも中々に見応えのある物語に仕上がってたと思います。脚本が少し初心者にはわかりにくいので作品としてはまだまだ改良の余地沢山あると私は思ってますが。

さゆみさんのカリスマ性の癖が強すぎて、人を選ぶ組だと思います。元花トップの蘭寿さんは癖のないカリスマ性のあるお方なので真逆に近いですね。

ただ推してる七海さんも色香で誤魔化してる感が否めないし、実力がやはりトップに足るかと行ったら、先日のブーケド見てる限りだと無いかなあ…と思いますね。

紅綺咲コンビもお世辞にも上手いとは言えず、2人とも声に癖があるので似合ってると言えばそれまでですが、聞く人をやはり選ぶと思います。私は特に紅さんの舞台声が苦手です。。

あと礼さん、凄く好きですが、舞台メイクとか表情筋とか役作りとか、歌唱とダンスは劇団トップレベル並みに素敵なのですが、繰り返しになりますが、「宝塚」なので、ちょーっと物足りない気もします。が、トップになられた暁にはたくさん応援します。


❄️雪組❄️

これ、マジで縁ないです雪組。多分一度も見た事ないかもしれない。映像では拝見してますが。

私は前トップコンビが、勿論努力してるのも比較的綺麗なのも承知ですが特に早霧さんがトップに足る人か?と問われたらうーんっと思ってしまいます。

で、希望コンビは、なんかだいもんファンの熱狂度が過ぎてちょっと無理だなあと思いつつ、うーんって感じですかね。

あと、あーさが移動できて、凪さんが居て、ギラギラキラキラって感じですね。ただそれ以外でもなんかしらの魅力を身につけないと宝塚人生は短くなってしまいますよーと思っちゃいます。


🌌宙組🌌

まあさま率いてた宙組

来年からまかまどになりますね。正直不安ていうか見る気起きません。

真風さんはマイクの音ノリが悪いし、まどかちゃんは頑張ってるのは分かるけどただ愛らしい娘役しか出来ないのがちょっとなあって思います。本人の努力じゃなくて生まれ持った容姿や劇団の推し方にも原因があるのでなんとも言えないですが。

あと男役さん、番手詰まりすぎじゃないですか?かと言って誰か抜ける?といったら難しいし。

なんか上が詰まりすぎてる故に、抜擢が下級生は少なく、成長が止まりつつあるように思えます。

宙組もあまり縁がなかった割には見てたけれど、今後は見なくなりそうです。

ただ、平均身長が高い故か、ロケットは見応えありましたし、群舞も先日観た神々/ビジューは比較的良かったと思います。


本日千秋楽ですね。

また時代が変わっていくのかと思うと、苦しいです。


あと、トップさんについて。

私は契約本数とか、そういうの全然気にしないですが、ちょっと変わりすぎじゃないですか???

私は花總まりさんのように、選ばれるべくして選ばれた人にトップになって欲しいのです。

勿論トップとして退団するという冥利につきることもいいとは思いますが、コロコロ変わるとそもそもの「トップスター」という価値が下がるなあと思って。

繋ぎのトップ、必要ですか?てかトップが辞めた時に次トップ張れる人材育成出来てなくないですか?

スター性しかり技術や組子との信頼性しかり。

次がいなけりゃ他所から全然持ってって構わないと思うけど、なんかなあ。


と、昨今の宝塚を見て思いました。







七海ひろき さん と 星組 について

えー、私は柚香光さんが好きです。

が、七海ひろきさんも好きです。

他にもたくさん好きなジェンヌさんがいます。


今日は、七海ひろきさんについて個人的な見解というか感想を書こうかと。


私は戻って書き直すという作業をしないので予め言いますが、七海ひろきさんのファンです。


美貌に恵まれた89期生の1人。

現在星組の3番手。

だが2番手には6期下の礼真琴さんが。


トップスター、いまの劇団としては可能性はなきにしもあらず…?って感じですね。


ただ、何度も言いますが、何か誇れるもの、アピール出来るところはあるのか?といえば、イマイチ思い浮かびません。


紅ゆずるさんは独特の関西弁やアドリブなど。ダンスや芝居や頭や容姿、どれもトップ!という段階かといえば、即答できないかなあと思います。あくまで個人意見です。

ただ、それらが上手いから、チームのトップ、劇団の頭の一部としてやってけるかといえばまた違うと思うので、先日お披露目公演始まりましたが、私は素直に観てみたいと思いました。


礼真琴さんはトップ確実の超路線ですね。95期首席ですし、ダンスは柚希礼音さん時代に女役として踊ってたデュエットを観ましたが、本当に上手いなあと思いました。

歌と芝居心というか、男役としてのイロハはまだ道のりの途中かなあという印象ですが。

ただ個人的に骨格が小さめ、華奢なのが惜しいなあと思います。

私の肩幅を分けたい…!


そして七海ひろきさんは、容姿端麗仲間想いで柔和なのに黒い役も出来る。似合うかといえばまた違うけれど…

歌は、ちょっと以上に前途多難だなあと感じます。安定性というより基礎能力的な問題ですかね。

ダンスはじっくり拝見したことはないんですが、可もなく不可もなしではないでしょうか。まあトップを食う勢いの柚香様もどうかと思いますが、、

芝居は、なんか印象に残らないなあと思います。良くも悪くも特徴がない。

今の所、容姿くらいですかね。

ただ番手はついてますし贔屓は別でも人気はありますしね。これ問題ですが。

せめてもう少し歌が上達するかオーラを出すようになるか、あればなあと。

非常に惜しく感じます。

このままフラグが立たないままだと、体力の限界が来て退団になる可能性もなきにしもあらずです。


また別途書きますが、花組3番手95期生柚香光さんは、同じ3番手でもトップ確実かと。

容姿に贔屓目除いても劇団1.2を争う華があります。身長は相手役次第でどうにでも見せられますし。

ダンスは、ちょっと目立ち過ぎていますがスキル自体はあるので番手が付いてるならまあまあまあ…という感じです。トップスターさんであれば全然アリだと思います。

芝居心、役作りが独特で一部層からは受けないですが、舞台として観るのであればあそこまでがっつり役作りした方が観客は世界に入り込めます。

歌や台詞回しは、ちょっとダントツで悪いなあと贔屓ながら思います。ナポレオンよりは聞きやすくなったとはいえ3番手として活躍するのもなあと思ってしまいます。

まあ総合して、とりあえず容姿が強い武器になる宝塚でプラスでダンスや芝居が強いとなるとすごい優良物件だなあと思います。


トップスターになる事だけが良い道とは言いません。

でも、好きな方には、仙名さんしかり、トップスターになり劇団に、名を残して欲しいと私は思います。


どうか、2年以内に、七海ひろき様の歌が上達しますように。


バウ主演は好評だったので、雪に組み替えしてだいもんさんと同期ですが継ぐのもアリかなあと。星は礼さん長期政権になって欲しいですし。宙の真風さん(仮)の後釜も出戻りウェルカム!銀河英雄伝ウェルカム!って感じもしますが。

その場合相手は誰だろうなあ…容姿だけでいえば星蘭ひとみさんですが、同じくらい若くてもう少し自立してる娘役さんの方が合う気もします。


ということで、

スカーレットピンパーネル

大劇場公演無事幕が上がり安心しております。

ロペスピエールの歌も追加されたようでちょっと安泰かな?という気が。

ただ紅礼だけじゃ持たないから追加しようぜ〜という気もしますが。

それでも嬉しいです。


と同時に、雪組の今後が気になります。

1組あたり2.3人ずつくらい必要ですよね。若い子ばっか入れてもしょうがないし。













宝塚音楽学校受験について

今現在の年齢は伏せますが、一度ここ数年の間に宝塚音楽学校を受験したことがあります。


バレエも声楽もやっていて、当時はジャズダンスの方をメインにしていたけれど、茶道も華道もお免状取得出来る程度もやっているし、経験値は少ないもののチャレンジに値する肩書だけはなんとかあるので、2次試験まで進めるかなあと思っていましたが、まあダメでしたね笑

一応対策講習も行ったけれど。ね。


身長体型ルックスのせいか、まあとりあえず訳はなんなのか知りませんがとにかく一次試験で落ちました。

 

で、受験に際し色々調べたんですが実際の流れなど書いているサイトなど何もなかったので、とても不安でした。

なのでもしかしたら賛否両論あるやもしれませんが、うろ覚えですが書き残したいと思います。

当時の話ですし、間違ってる点もあるかと思いますが、あらかたこんな感じかなー程度で思ってもらえればと思います。


※ただ!受験対策講習などで習った内容は書きません!本気で受かりたい方は受けてください!記念受験等を悩んでいる方向けです。※


ちなみに私は記念受験推奨派ではありません。それだけ本当に受かりたい人の待機時間が長くなるし審査する先生方も疲れてしまうからです。

でも同時にやらなくて後悔した辛さを知っています。特に宝塚は若い時期4回しかチャンスがありません。

後悔したら一生、たとえ受かるチャンスが当時皆無であろうが、後悔し続けます。

なので、受験を検討してこのブログを発見された方は是非最後まで読んで下さい。

ですが、もう一度いいます。

本気でないのであれば、受験はやめて下さい。勿論読んだ数人が辞めたところで変わりませんが、それでも。



受けた年齢時期等は明かせませんが、関東の会場で受験しました。たしか選べますが、お受験スクールの子も関東で受けてる子が多かったです。


1.受験に必要なもの


勿論記載されていますが、それだけじゃ、分からないですよね。

出願書をまだ購入してない人も参考になるかと。

・願書(これなきゃ始まりませんよね)

・学校の許可(私立公立関係なしに無許可で受験し万が一受かってしまった場合退学転校受理されず音校入学が出来ない場合もあります)

・健康診断書(出願期間に受けたものを願書に同封されてる所定の用紙に記入してもらい提出します。少し大きい医院で3000〜5000円で受けれます)

・写真(スピード写真不可です。町の写真館というよりはネットで 宣材写真 や 宝塚受験写真 等で検索して出てくるところがいいかと思います。詳しくはまた書きます)

・黒七分レオタード(ベロアや飾りシャギー等のあるもの不可。八分袖くらいでもまあいいかもしれませんが。これもネットで探せば出てきますのでバレエ用品店より在庫確実なのでそれをお勧めします。)

・ピンクタイツ&ピンクバレエシューズ(これはバレエ用品店での購入を進めます。特にタイツはチャコットですと伝線しにくいのでネット通販より良いです。例え受かる気がなくても伝線は印象が悪いのでやめたほうがいいと思います。シューズの素材はサテンキャンパス皮なんでもいいですが、無難にキャンパス地がオススメです)


とかですかね。

かかった費用は大雑把ですが

願書代2000円ちょっと(今の価格は調べてください)

健康診断代3500円位

写真代10000円位

レオタード代9000円

タイツ2500円

バレエシューズ3000円


まあ3万円あれば十分だと思います。

ただ写真代が本当お店の差が激しいのでなんとも言えないですが。。



2.受験当日に関するアレコレ


受験は午前午後の二回制です。

午前が高校2.3年

午後が高校1年中学3年

当日集合時間に関西の人は宝塚音楽学校へ関東の人は新百合ヶ丘にある某大学へ。


入場順はおそらく出願順ですが、試験は身長順高い方から行います。

着込んで来る人も多いですが、身長170〜の方以外でしたら普通に私服で来て待機室で着替えます。170〜の方は受験がかなり早いことが予想されるのでタイツくらいは着てもいいかと思います。

ちなみにいかにもなお嬢様風の私服が多かったです。よかったらYouTubeにある合格者発表のニュースなどを参考にしてください。

とりあえずBurberryのベージュトレンチ着てれば安心です。

私は身長155cm前後で小柄なのでかなり最後の方でした。3時間程待ったかと思います。途中少しうとうとしてしまうくらいでした。

私は絶対最初に案内されるわ!という人以外は時間つぶしの為の本などの時間をお勧めします。

スマホは禁止ではないですが、生徒さんが巡回に来るのでずっと弄っているのも余り良くないかと思います。

防寒具や飲み物等を持ってきてね、という旨記載されてますが、暖房も関東の会場はきいてましたし、正直私が受験した日はそこまで寒くなかったので待ち時間はコートを掛けてました。

待機室から出たらだいたい10分もかからず戻るので、本当気候次第ですが、普通にパーカーカーディガンあればレッグウォーマーなどを防寒具として持参すれば安全です。

おにぎりは顰蹙ですが、ウイダーinゼリーくらいは飲めますしお手洗いで私は歯磨きもしたので、特に持ち込みに制限はありません。


あ、ちなみに入場後15〜20分程遅刻した人も受験出来てましたし一次試験突破してました。勿論遅刻しないに越したことはないですが。




3.受験の際の身なりについて


一応私もとても困ったので書きますが、受かる人は何しても受かります。


お団子ができる程度ならジェルとスプレーを駆使してバレエ風のお団子に。(これもYouTubeに動画探せばあります。チャコットの店員さんに聞くのも手です。)

出来ないようならジェルで前髪を固めオールバックなど。男役さんみたいながっつりしたものは特に求められてませんが、アホ毛や後れ毛乱れ毛はおそらく減点対象です。

ポニーテールとかだと、生徒さんがお団子にしなさいとおっしゃってくださるので迷惑をかけないためにも、家から髪はセットしてきましょう。待機室である程度直せますが何もしてこない人はいませんでした。

ちなみに分け目ない方がオススメです。


髪色は金髪とかはどうかと思いますが、実際に受かった人も染めてる人いましたので審査対象には含まれてないかと。

ただ、良い印象を受けるのは落ち着いた髪色だと思います。


試験の際はボディーファンデーションという肌色のレオタードの下に着る肌着の上にレオタードを着用する人が多いですが、ヒモが見えるとおそらくこれまた減点対象というか好印象は与えられないので、カップポケットがあればカップをいれて、なければ縫い付ける事をオススメします。

ちなみにボディファン着用の際の着る順番は、あくまで私はですが、ラインのでないUNIQLO等のベージュのシームレスショーツ→ピンクタイツ→ボディファン→レオタードです。

ボディファン着ても胸は女性ですし審査員は男性もいるので気になるかと思います。なのでほんとカップオススメです。ニプレスよりも。

シューズも年季入ってる方がいい?とかオークションで探さなくても大丈夫です。特に気にしてませんから。ただ、予め履いてサイズ調整くらいはしてくださいね。


あとは、、なんかあります?

試験内容とかは探せば知恵袋か何かにあるので割愛しますがまんまその通りでした。


さいごに。

これを読んだあなたが受験生か否かは分かりませんが、もし、受験生であるのなら、本気で、やりきった!ここまで努力した!全力を尽くしやりきった!と思うまで受験はしないでください。

私は一次試験で落ちましたし、身長は遺伝的に厳しいですが、体重体型もこれは難しいなあという容姿ですが。

別に声楽やれとかバレエやれとかは言いませんが。


何かあれば追加してきます。


否定的なコメントはキッズつくのでコア








花組という組。

前回の続きで金色の砂漠レポかと思いきや、残念でした。ただの思った事を書き綴るだけの記事です。

ちょっとコンサバについて話すには、まず私の抱いている花組像を書いた方がいいのかなと思い、書くことに。


まず、1番の私の贔屓は柚香光様です。

好きになったきっかけは音校卒業式の際の写真をツイッターで見かけ、この素晴らしく美人な方はどなた?!と思ったのがきっかけです。

初めて観たのは一昨年の新源氏物語/メロディア

私はファンレターを書いたこともなければ会にも入っていません。

なので応援しているというのは気持ちの面で、が大きいです。

お姉様もといおばさま方のように使える時間も金も限りがあります。

席種は毎回S席1階を取るようにしていますが、観れる公演数やお茶会でのグッズ購入、入り出待ちが出来るわけでもなく、何か貢物があるわけでもないので、まあ当たり前ですが優っている要素がありません。

家が格別お金持ちな訳でもないですし。


まあ私情はともかく、柚香光様が好きです。

カリスタでナポレオンという出番こそ少なかられ重要な役を賜り、新源氏で六条御息所/柏木を好演しメロディアで3番手としての地位を確立し、ミーマイではジャッキー/パーチェスターの二役をこなし(歌はちょっと残念でしたが…)雪華抄では3番手として衣装も豪華に出番も多く待遇良くしてもらい金色の砂漠では役所こそマジかこいつ…という役ですが学年にしては良い役をもらい、毎公演成長していく姿を見てとても嬉しいです。


超豊作といわれる95期の中でも超路線に乗り、男役では礼真琴さんに続き大出世しております。


と、ひとしきり語ったところで。


私は花組が大好きです!!!


勿論柚香さんが居るから、という事もありますが、安定しており、何やってもサマになるし何でもこなせる花組が大好きです。


ひとつに人材豊富!

トップスターの明日海りおさんは歌うま、というとちょっと違うかなあと思いますが、独特の癒し感があり公演毎のムラが少ない安定性のある歌声。

男役としては小柄ですが、眉目秀麗な容姿に全世界を虜にできるであろうチャーミングな笑顔、くるくる変わる表情。

ダンスは並といいますか、柚香さんや蘭乃さんのようにダンサー気質ではありませんが、オーラがあるのでとても惹きつけられます。

月組だからか芝居心もあり、役の作り込み方が半端ないです。何がわかるの素人に、と思われるかもしれませんが一応芸事をやっているので(芝居には疎いですが)並々ならぬ努力をしている事は伝わります。


1人目のお嫁さん、蘭乃はなさんとはデュエットダンスや心の繋がりで魅せ、

2人目のお嫁さん、花乃まりあさんとは最初こそチグハグしていたものの(いつか書きます)今ではすっかり亭主関白(笑)だけれど素敵な夫婦となり、

3人目のお嫁さん予定の、仙名彩世さんとはきっと息のあったお芝居や歌声で魅せてくれるのでしょう。


そして2番手男役さんの芹香斗亜さん。

今回のコンサバでイメージがガラリと変わりました。

あまり特筆する何かがあるわけでもないのになぜ2番手なのだろうと思った時期もありました。勿論2番手は次期トップ候補でもありますが、トップスターさんを支え補う大事なポジションです。みんながみんな華のある方ばかりでは成り立ちません。

それを再認識させてくれました。

ストーリーテラーとして時には情景に溶け込み時には語り。

私は悪役が出来る人が好きなので、こんなジェラルド(ミーマイ)の似合うほわんっとしてる方でいいのかと思っていましたが、ほわんとしてるだけでは宝塚ではカネコネがあろうが生き残れない。何か表に出にくい面でのものがあるのでしょう。


他の男役さんも優れた方ばかり居ます。


鳳月杏さんはメイクで印象がガラッと変わり芝居心もあるので何にでも成れる素敵な方だと思います。スターさんではありますが今後も番手はつかないでしょうし路線としては少しキツイかなあという印象。今の花組には欠かせない存在です。でも正直に言うと面食いだからかあまり好きにはなれません。いずれ専科に行きそうかなあ…


瀬戸かずやさんは最近は叔父やらお父さん系の年上の役が多い、ダンディズムのある男役さんです。特に好きでも嫌いでもありませんが、花男だなあとおもいます。


水美舞斗さんは柚香さんと同期の方。

筋肉筋肉と騒がれますが、男役さんはそれくらいがっしりしてる方が私は好きです。

成績もいいし容姿も努力してる姿勢もいいのにあまり良い役をもらえてないと仰る方が沢山います。柚香さんが華があるばかりに、と。

若手というかプチ中堅ペアで仲も良く劇団は重宝しているのでしょうが、今のままではトップになれる可能性はあまりないかと。低いとは言いません。時と場合による運が巡ればなれる方だとおもいます。その時が来たらなれる体勢は絶対整うでしょうし。

もう少し何か抜きん出るものがあればなあとおもいます。

組み替えはきっとしばらくしないでしょうししない方が得策ですが。チャンスが巡ってくればいいな、と思います。


高翔みず希さんは組長さん。組子のことをしっかり見守ってくれて、お芝居では成熟した男役さんならではの役をこなされています。個人的には最近細いのが気になりますが舞台挨拶などでもとても良い人柄が伺えます。


綺城ひか理さんは新人公演学年の中では期待されている方。


花組は上が逸材揃いだからか、あまり下が育っていないというか、実年齢が(おそらく)若い子が多く、人間性に厚みがまだ足りない方が多い印象があります。 


まあ男役10年と言いますしね。まだ成長段階ですので。きっといつかはトップになるだろうなあと思います。

あまり気にして見たことはありませんが、表情のバリエーションが増えたりコミカルな役どころも出来るようになればいいなあと思います。


優波慧さんは例の96期の方。

成績も実力もある方と伺っていますが、いかんせん顔立ちが好みではないからか、また例の件で色眼鏡をかけてみているからか。

うーん、好きにはなれないです。勿論優しいだけでは生き抜けませんが高慢というか性根が顔に出てる所が。結局は顔かって笑


次に娘役さんも。

一気に書いちゃいますよ!


トップ娘役の花乃まりあさん。

この方も96期ですが、今はとても好印象です。宝塚幻想曲の際みりおさんがむすぅっとしており噛み合っていませんでした。実際にその旨発言もされていますし事実でしょう。

でもミーマイ辺りからぶつかりあいお互いを見つめ合い、良いコンビとなったなあと思います。ひとえに花乃さんの努力めげない心の賜物でしょう。

細すぎて心配ですし、エリザのエトワールでは歌声もげんなりした事もありますが、本当に努力されたのだなあと思います。

もう一作くらい、と思いますが幸せを噛み締めたまま卒業できる、本人には良い時期なのかなと思います。


次期トップ娘役の仙名彩世さん。私の大好きなお方です。

並々ならぬ努力を重ねられ、ヒロイン向きではないとトップ向きではないと思われる方もいらっしゃいましたが、ダンス娘役力などを批判される方は誰1人いませんでした。

歌声は少し高音が独特のキンとした声でしたが前述の通り柔らかく抑え気味に変えられました。今まで音校も含め8.9年自分の歌声と付き合って来てそれを変えるとなると、癖もあるでしょうしとても難しいのに変えて来ました。これも努力の結晶でしょう。

顔立ちは変えるに変えられませんが、ポーズなどをじっくり研究なさってるからか、舞台で見るときは特に何も感じません。

スチールになると顎はやはり目立つので、メイクのベースカラーをもう少し変えたり塗り方を変えるとかあったら更に良くなるかなあと。

遅くまで稽古に残りヘアアレンジも気を使い、今作は周囲との調和を心がけているのか優しく演じられていました。

確かに学年は上ですし実力はありますが、あるゆえに、ヒロインにするのは惜しいと私も思います。

ですが、宝塚が好きで入学入団し、今のポジションまで上り詰めた彼女。

専科で活躍されるのも素敵ですが、娘1として輝き添い遂げ退団をする姿も見たいですし本人も一度は夢見たでしょう。

退団後も娘役トップであれば、仕事も入るでしょう。きっと結婚してしまう気もしますが…。

あとは、宝塚史に名を残せる、これが1番かと。

大人な役どころも素敵ですが、寄り添いあう作品も是非観てみたいです。

きっと彼女の努力を間近で観てきて、安定して寄り添い合わせてくれる彼女とペアを組みたいと思ってくれたのでしょうみりおさん。

トップになることが必ずしも報われる道であるとは言えませんが、努力の結果として現れる良い事だとおもいます。


桜咲彩花さん。よく仙名さんと役替りやシンメトリーな役を演じていらっしゃる方です。

なんだかみりおさんと同時退団しそう。


城姫美伶さん。若手の中で最もヒロイン経験のある方ではないでしょうか?次期娘1かなあとも思いましたが、まだ未来ある若者ですものね。色々な役を経験し、きっとトップさんになる事でしょう。

顔がエラが目立つといいますか、メイクが下手なのか、舞台では美人があまり引き立っていないように思えます。


音くり寿さん。若手ながら主席入団(確か)で役付きもよい方です。

歌は、下手とはいいませんが巷で騒がれるほど上手いとも思いません。

身長が低く小柄なのがネック。まあ舞台では見つけやすいですが。

きっとトップになるでしょう。多分花以外で。


花野じゅりあさん。副組長さんです。

研16?なのに、麗しい容姿を保ってます。凄みのある美人さんです。中卒入学組でしょうか?最初は研7.8かなあと思っていました。まだまだ活躍してほしいですね。退団後きっと東宝系で重宝されそうです。


…と、主だった方はこんな感じでしょうか?


柚香光さんについてはまた後日。


で、それで、何がいいたいかというと、他の組に比べ、路線やスターの人材が厚いです。書いた方以外も芝居では大切な役所を務めていたり、素敵な方ばかりです。


男役さんは1.2.3番手が決まっており実力のあるスターさんも沢山、娘役は若手がよく育ち中堅さんは実力と娘役力が身についている人が多く、組的にも安定しています。


おそらく5組の中で1番人気の明日海りおさんを筆頭に花組子さんはヅカヲタ内外からも人気があります。

ダンスもキレがありピタッと揃う群舞やデュエットも誰が誰と組んでもハマるオールマイティ性を兼ね備えています。

芝居も上級生がしっかり脇を固め若手がチャレンジしやすい環境があります。

歌は正直未知数な部分が多いですがここの実力は抜きん出るうまさは少ないもののある方ばかりです。

ルックスは勿論みなさんお綺麗ですが、身長のバランスが花組は取れているような気がします。贔屓目でしょうか?


上記を踏まえ、私は、花組が1番安定している組だと思います。

そんな花組が、私は大好きです。

トップさんがいてこそ、しっかりした上級生さんがいてこそ、フレッシュな下級生がいてこそ、成り立っています。


花組、最高!!